忍者ブログ
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間が空いてしまってごめんなさい。

文化祭やら色々と忙しくて、遅れてしまいました。
気が付けばもう期末6日前…。

だから、今日書けるだけ書きたいと思います。
本当のことを。
PR
お久しぶりです。瀬戸真朝です。
……時間なさ過ぎorz気が付けば夏休みもあと3日…
さすがにこのままじゃヤバイと思うので近々ブログ公開。
メルマガ読者には教えるかも知れません。

それで、今回はちょっと頼みがあって。
──過去の精算をしたいから、この場所をどうか使わせて下さい。

2006年8月1日に起きたこと

その日は、裏甘辛の第2回オフ会でした。
サイゼでバカ話をした後、真朝・壊琉眼洲・みぃた・ヅラ・櫻澤の5人はカラオケへ。
その際に、いつもなら駅近くのフリドリのある某歌○で歌うはずが、今回はサイゼからやや近く、フリドリがなくて安い(実際はありましたが;)某カラオケへ。
──そこで、まさかこんなことになるとは思いもしませんでした。


ここから先は、そこであったことをなるべく客観的に書きますが、主観的になってしまう時もあります。
それに、俺自身も真相を分かってないところもあり、“お前、自意識過剰だろ?”なんて思う場面もありますが、最後まで読んでもらえると嬉しいです。
また、この時瀬戸はヤツ(現在実は7ヶ月目)と不仲でありこの時も不在で、正直別れたいと思っていたこと、そして夢の中であの人(そのうち分かります)が出てきたり、ヤツの行動一つに文句を付ける自分がいて、その文句の内容を辿るとすべて“ヤツとあの人が似てない”ということでイライラしてる自分がいることを知った自分は精神が不安定であったことを知った上で読んで下さい。
(要するに、私は本当は誰が好きなんだろうと自問自答していたということです)

そして、ここに公開するのは、あの人にその時の私の本心を知って貰うためです。
だけど、今まで甘辛を見てくれてたみんなには、何があったのか聞いてくれると嬉しいです。
いやね、そう長くはないんだけどさ。
あんまり深くは書きませんが…
月は夜の深い闇を明るく照らす。
電灯もなかった昔、夜を歩く旅人や船乗りにとって月は重宝されていた。
ゆっくり焦らず考えてみると、
ごめん、日記書く前に私信だけ。
小説かな。でも、小説とは言えないかも知れない。
そんな小さなお話。
Search
Calendar
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Mount Archives
Profile
HN:
瀬戸真朝
性別:
女性
QR Code
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]