忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それでも、今でも思うよ

私には夢があるけど
たった一晩でいいから
あの人を手に入れられて
真朝、という名前の子を授かれたら
私、他に何もいらない、と。

 
狂気じみているし
尋常じゃない執念、と呼ばれても良い
ただそれだけは、たとえ誰かと結婚しても変わらないと思う

手に入らないのに、
ずっとそんな夢を見てしまう
それが、私が受けた呪い
PR
それでも、今でも思うよ

私には夢があるけど
たった一晩でいいから
あの人を手に入れられて
真朝、という名前の子を授かれたら
私、他に何もいらない、と。

 
狂気じみているし
尋常じゃない執念、と呼ばれても良い
ただそれだけは、たとえ誰かと結婚しても変わらないと思う

手に入らないのに、
ずっとそんな夢を見てしまう
それが、私が受けた呪い
パスを変えた。

正直、自分でもよく出来たなーと思ってしまう。
 

中3の3月から(彼のファンクラブの・笑)HP始めて、4月には自分個人のサイト開いて。
それからすぐ、あの人とネットで出会って。

あの人の彼女さんが俺のサイト見てるっていうから、幾度となく隠しページ(日記)を作っては移動させて。
でもその度にあの人は見つけてくれた。

あの人だけに分かるようにパスを付けたページの時は、私とキーボードの打ち方が違くて分からなかったらしく、わざわざ遠回しに聞いて来てくれた。
パスワードを、付き合ってる時に『──くんを永遠に愛するよ』って私が英語で送った時にforeverの綴りを間違えたのをパスにしたら、忘れてると思ってたのに覚えててくれた。
ここの前のパスだって、教えてないのに解いてくれた。
あの人はそうやっていつだって、ネットで私を知ろうとしてくれた。

だから今まで、あの人のことを書いた日記を
完全にあの人が読めないようにすることが出来なかった。

でも、いつだって解いてくれるのを前提にしてパスをかけたけど、今回は違う。
あの人がパスの変更を知らないうちに、あの人が分からないようにノーヒントにした。
これであの人はもう、ここを読めない。

この4年間、あの人が分からないように完全に鍵をかけることなんて容易かった。
なのに、出来なかった。

だってそうしたら、もう私の想いはあの人に伝わらなくなる
もう、あの人とネットで会うこともなくなってしまう
だから、どうしても今まで出来なかった。

でも、今が一番良い時期なんだ。
あの人が知らないうちにパスを変更して、もう見れなくさせるのに今以上好都合な時はないから。

それにね、やっとあの人を忘れる決心が出来たから、
唯一の繋がりであるネットも切らなくちゃいけないな、って。

ずっと、今までそれが出来なかった。
甘辛から直接移転先をリンクしなかったのに移転先ののぞき穴。を探して見つけた彼の真意を聞きたくて、
友人に「なんで見てるの?」って以前に聞いてもらったら、「えっ、あれ真朝のなんだ?似てるとは思ってたけど」とか明らかな嘘吐いたあの人の本当の気持ちが最後まで分からなかったのは悲しいけど、ね。

それに、今の私は彼が好きで、
彼のことが大嫌いなあの人にとって、ここに彼の話が書いてあるのは苦痛だろうし。
だからもう、あの人を手放さなきゃいけないんだな、って。
一人で生きていかなきゃ、って。

それにもう、4年も昔に終わった恋で、今まで0―0のままロスタイムが続いてただけで。
でも結局、私が負けちゃったんだよね。
時間にも、距離にも、罪にも。

思い出にしていくには忘れる必要があるな、って。
むしろ、もっと早くこうしたら良かったのかもしれない。
でも、今まで甘えてた。
今でも伝わるのだからいつかきっと、なんて。
だから、往生際悪く今まで来ちゃったんだよね。

あの人が私をどう思ってるのか、本当のところは、結局分からない。
だけど確実なのは、この記事をあの人が読むことは永久に有り得ない、ってことで。

受験が終わったあの人はきっとまた、このブログにアクセスするのだろうけど
パスが前ので開けないことに、どう思うのだろうね。
そしてもうブログにも訪れなくなって、そのうちブログ自体忘れて、私の存在も薄れて。
それが一番良いって分かってたのに、今までそれが出来なかった自分でごめんね。
4年間も甘え続けてごめんね。
もう、開放してあげなきゃ
呪いは、私だけで十分だから。

私を心から愛してくれた、世界でたった一人のひと
そして、取り返しのつかない過ちを私がしてしまったひと
現実世界で4年も昔にさよならしたのに、ネットで今までさよなら言えなくてごめんね。
ずっと、気にかけてくれてありがとう。
どうか、幸せに。

たとえ一方的でもネットで関わることはもうないけど、
ネットのあなたも好きだった。
大好きで尊敬できる、頼りになるお姉さんとかわいい妹のような存在だった。
それがあなただと知った後も、それは変わらないよ。
ただ、私が真実を聞いた時に嘘だと言って欲しかった。
認めないで、欲しかった。
どんな嘘でも信じてたし、そしたら今でもネト友として仲良いままだったでしょう?
だったら、演じてるのでもネカマでも関係なかった。
どんな形でも、性別違っても、私の好きな存在でいてくれるなら。
なんて、わがままだよね。

ともあれ、お互い正体も分かってるのにこれ以上ネットで関わっても、何にもないのは明確だしね。
今でも、メルアド聞いて連絡取ろうか迷うけど、もう過去は振り向かないようにする。
あんだけ傷つけて傷つけられて、でもそれも忘れて誰かと幸せになってしまうのだと思う。
私も、あなたも。

だから、遅くなってしまったけど放さ、なきゃ。
いつまでも私が縛っちゃいけないもんね。
あの人の人生からいい加減退散しなきゃ。
やっと、あなたが分からないパスに出来たのだから。

今でも、会いたいと叫ぶ自分がいるとしても
あの人以上に私を愛してくれる人なんていないって分かっていたとしても
最後の繋がりを、消さなきゃ。

それでも、真朝という名前の子を産みたかったよ
名前だけであなたと私の子って分かるような

ずっと、ごめんね
パスを変えた。

正直、自分でもよく出来たなーと思ってしまう。
 

中3の3月から(彼のファンクラブの・笑)HP始めて、4月には自分個人のサイト開いて。
それからすぐ、あの人とネットで出会って。

あの人の彼女さんが俺のサイト見てるっていうから、幾度となく隠しページ(日記)を作っては移動させて。
でもその度にあの人は見つけてくれた。

あの人だけに分かるようにパスを付けたページの時は、私とキーボードの打ち方が違くて分からなかったらしく、わざわざ遠回しに聞いて来てくれた。
パスワードを、付き合ってる時に『──くんを永遠に愛するよ』って私が英語で送った時にforeverの綴りを間違えたのをパスにしたら、忘れてると思ってたのに覚えててくれた。
ここの前のパスだって、教えてないのに解いてくれた。
あの人はそうやっていつだって、ネットで私を知ろうとしてくれた。

だから今まで、あの人のことを書いた日記を
完全にあの人が読めないようにすることが出来なかった。

でも、いつだって解いてくれるのを前提にしてパスをかけたけど、今回は違う。
あの人がパスの変更を知らないうちに、あの人が分からないようにノーヒントにした。
これであの人はもう、ここを読めない。

この4年間、あの人が分からないように完全に鍵をかけることなんて容易かった。
なのに、出来なかった。

だってそうしたら、もう私の想いはあの人に伝わらなくなる
もう、あの人とネットで会うこともなくなってしまう
だから、どうしても今まで出来なかった。

でも、今が一番良い時期なんだ。
あの人が知らないうちにパスを変更して、もう見れなくさせるのに今以上好都合な時はないから。

それにね、やっとあの人を忘れる決心が出来たから、
唯一の繋がりであるネットも切らなくちゃいけないな、って。

ずっと、今までそれが出来なかった。
甘辛から直接移転先をリンクしなかったのに移転先ののぞき穴。を探して見つけた彼の真意を聞きたくて、
友人に「なんで見てるの?」って以前に聞いてもらったら、「えっ、あれ真朝のなんだ?似てるとは思ってたけど」とか明らかな嘘吐いたあの人の本当の気持ちが最後まで分からなかったのは悲しいけど、ね。

それに、今の私は彼が好きで、
彼のことが大嫌いなあの人にとって、ここに彼の話が書いてあるのは苦痛だろうし。
だからもう、あの人を手放さなきゃいけないんだな、って。
一人で生きていかなきゃ、って。

それにもう、4年も昔に終わった恋で、今まで0―0のままロスタイムが続いてただけで。
でも結局、私が負けちゃったんだよね。
時間にも、距離にも、罪にも。

思い出にしていくには忘れる必要があるな、って。
むしろ、もっと早くこうしたら良かったのかもしれない。
でも、今まで甘えてた。
今でも伝わるのだからいつかきっと、なんて。
だから、往生際悪く今まで来ちゃったんだよね。

あの人が私をどう思ってるのか、本当のところは、結局分からない。
だけど確実なのは、この記事をあの人が読むことは永久に有り得ない、ってことで。

受験が終わったあの人はきっとまた、このブログにアクセスするのだろうけど
パスが前ので開けないことに、どう思うのだろうね。
そしてもうブログにも訪れなくなって、そのうちブログ自体忘れて、私の存在も薄れて。
それが一番良いって分かってたのに、今までそれが出来なかった自分でごめんね。
4年間も甘え続けてごめんね。
もう、開放してあげなきゃ
呪いは、私だけで十分だから。

私を心から愛してくれた、世界でたった一人のひと
そして、取り返しのつかない過ちを私がしてしまったひと
現実世界で4年も昔にさよならしたのに、ネットで今までさよなら言えなくてごめんね。
ずっと、気にかけてくれてありがとう。
どうか、幸せに。

たとえ一方的でもネットで関わることはもうないけど、
ネットのあなたも好きだった。
大好きで尊敬できる、頼りになるお姉さんとかわいい妹のような存在だった。
それがあなただと知った後も、それは変わらないよ。
ただ、私が真実を聞いた時に嘘だと言って欲しかった。
認めないで、欲しかった。
どんな嘘でも信じてたし、そしたら今でもネト友として仲良いままだったでしょう?
だったら、演じてるのでもネカマでも関係なかった。
どんな形でも、性別違っても、私の好きな存在でいてくれるなら。
なんて、わがままだよね。

ともあれ、お互い正体も分かってるのにこれ以上ネットで関わっても、何にもないのは明確だしね。
今でも、メルアド聞いて連絡取ろうか迷うけど、もう過去は振り向かないようにする。
あんだけ傷つけて傷つけられて、でもそれも忘れて誰かと幸せになってしまうのだと思う。
私も、あなたも。

だから、遅くなってしまったけど放さ、なきゃ。
いつまでも私が縛っちゃいけないもんね。
あの人の人生からいい加減退散しなきゃ。
やっと、あなたが分からないパスに出来たのだから。

今でも、会いたいと叫ぶ自分がいるとしても
あの人以上に私を愛してくれる人なんていないって分かっていたとしても
最後の繋がりを、消さなきゃ。

それでも、真朝という名前の子を産みたかったよ
名前だけであなたと私の子って分かるような

ずっと、ごめんね
席が隣同士だった私たちを
ふざけた友達が写真を撮ろうとしたから、
「離れて!」と私は言ったけど
結局、撮られてしまった2ショット

結局、二人だけで写った写真は
この一枚だけになったね。

 
この写真をながめていたらふと、
些細なケンカをした時に
仲直りしなきゃ、君が私の友達から預かったこの写真を渡さないなんて言うから、
慌てて仲直りしたことを思い出して、つい笑ってしまった。

あの頃は本気のケンカなんかしたことなくて、
些細なケンカでしか愛を確認出来ないほど私は幼かったね。
 

──正直ね、今でも君を好きかもしれないけど、
今の君を好きなのかは、分からないんだ。

だけどね、
今度こそ君と対等に向き合えたら、って思うんだ。

あの時、なんであんな馬鹿なことをしたのか、
昨日やっと分かったんだ。
私、彼と同じように君のことも上に見ていて、
無意識のうちに気を遣っていたんだ。
だから、君の意思も関係なしに
そうした方が君のためなんだ、なんて押し付けがましいことをしたんだ。
君はそんなこと望んでいなかったし、
私と君は対等だったはずなのにね。
そんな当たり前のことに気付いたのが昨日じゃなくて4年前だったら、
今でも君は隣にいてくれたかな。

もっと会いたい、
二人で写真を撮りたい、
そうやって思っていたことを
君に伝えることが出来たら、良かったのにな。

 
いつまでも私は 中学2年生のままで、
私の中の君も 13歳のままで。
いつになったら、あの時計は動き始めるのかな

18歳になった君を
高校3年生の私が受け止められる日は、来るのかな

 
いつかまた、この名前で呼べる日は来るのかな
──くん。
夢の中でメールを受信して
来るはずのない君からのメールならいいなぁと思ったら
本当に君からのメールで。
嬉しくて嬉しくて
だけど、読む前に夢が終わってしまった。

 
でも遠くない未来で
それが現実になったら、って考えると
ドキドキしていてもたってもいられない。

 
だけどよく考えてみると、ブログを見られて困る相手が君にはいるのだ。

ネト友だ。
君のネト友は私のネト友である以上、読まれて困る相手になるだろう。

 
そう、自惚れるのはまだ早い。
だって君は私を幾度となく拒んだのだし、
君がここを見る理由は私の理解出来ないところにあるのかもしれない。

だから全ては、
あいつからのメールに託そう。

それが君の全ての答えだと受け止めて。

無視なら○
ふーんなら◎
でも、一番は
『そんなはずはない』って言ってくれれば、はなまる。

答えが出るのはそう遠くない、未来
今までの4年と比べたら、全然苦じゃない。

5年でも10年でも待つ気はあるけど
その前にちゃんと君の答えを聞きたい。

君もいい加減気付けばいいのに
利己的でそのくせアホで強がりで意地っ張りでやきもち焼き(あくまでじりじりと焼く方にしとくよ・笑)で、
でも優しくて寂しがりな君には私しかいないのに。

 
なんて強がらなきゃ、
片想いなんてやってけないって、つくづく思うよ。

 
でも諦めるなら、
あんな不可抗力な理由なんかじゃなくて、
『君を嫌いになったから』がいい。
夢の中でメールを受信して
来るはずのない君からのメールならいいなぁと思ったら
本当に君からのメールで。
嬉しくて嬉しくて
だけど、読む前に夢が終わってしまった。

 
でも遠くない未来で
それが現実になったら、って考えると
ドキドキしていてもたってもいられない。

 
だけどよく考えてみると、ブログを見られて困る相手が君にはいるのだ。

ネト友だ。
君のネト友は私のネト友である以上、読まれて困る相手になるだろう。

 
そう、自惚れるのはまだ早い。
だって君は私を幾度となく拒んだのだし、
君がここを見る理由は私の理解出来ないところにあるのかもしれない。

だから全ては、
あいつからのメールに託そう。

それが君の全ての答えだと受け止めて。

無視なら○
ふーんなら◎
でも、一番は
『そんなはずはない』って言ってくれれば、はなまる。

答えが出るのはそう遠くない、未来
今までの4年と比べたら、全然苦じゃない。

5年でも10年でも待つ気はあるけど
その前にちゃんと君の答えを聞きたい。

君もいい加減気付けばいいのに
利己的でそのくせアホで強がりで意地っ張りでやきもち焼き(あくまでじりじりと焼く方にしとくよ・笑)で、
でも優しくて寂しがりな君には私しかいないのに。

 
なんて強がらなきゃ、
片想いなんてやってけないって、つくづく思うよ。

 
でも諦めるなら、
あんな不可抗力な理由なんかじゃなくて、
『君を嫌いになったから』がいい。
とても肝心なことに気付いていなかった。

『自分のことがブログに書かれて、それを読んだ他人がどう思うかが怖いから、どんなことを書かれてるかを、嫌いだけど確認しなきゃいけない』
実際にそう思っている子が身近にいたから、
君がこのブログを見る理由は
そうなのかもしれないと、考えていた。
とても肝心なことに気付いていなかった。

『自分のことがブログに書かれて、それを読んだ他人がどう思うかが怖いから、どんなことを書かれてるかを、嫌いだけど確認しなきゃいけない』
実際にそう思っている子が身近にいたから、
君がこのブログを見る理由は
そうなのかもしれないと、考えていた。
優しい友人のおかげで、
君が知らない約束が一つ出来た。

それはまだ先だけど、
卒業式までには叶うだろうから、
君も今よりちょっとで良いから
素直でいてくれると嬉しいな。

君の気持ちが確認出来たら、
本当の気持ちを伝えられなかった日に、
あの場所で待つよ。

でもお願いだから、あの時みたいにラスト15分に来るとかやめてね。
どうせなら、絶対来ないか
すぐに来てくれた方が、嬉しいから。

約束がなければ、作れば良いんです。
そして叶えられなかった約束を
二人で一つずつ、一緒に叶えていきましょう。

あの映画を一緒に見に行くこと
あの遊園地に一緒に行くこと
二人で一緒に、暮らすこと。
Search
Calendar
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Mount Archives
Profile
HN:
瀬戸真朝
性別:
女性
QR Code
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]