忍者ブログ
[4585]  [4584]  [4583]  [4582]  [4581]  [4580]  [867]  [4579]  [4578]  [4577]  [866
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


もう吐きます勘弁してくだせえ。
でもどう話していいか分からなくて、若干支離滅裂なんだ。自分でも把握しきってない。混乱していてごめん。












えーと、
ドロケイの時に告白されました。


学年で言うと3学年、年齢で言うと4つ下の部活の後輩に。



まさかのまさかで本人が思ってなかったよ・・・だって俺1期で相手4期生だぜ?
そりゃ、舞台の上で見た時から憧れてはいましたが。
9月に書いたあの後輩です。


しかし憧れてても、やっぱ歳の差があって視野には全く入ってなくて・・・だから素のままで接してました。
そしたら帰り際に八王子駅前で告られたから有り得ない・・・


もちろんLikeとLoveの違いかもしれないし、有り得ないと思って何度も確かめたし、友人含め本人までもこいつ(※俺)がどんなにダメか指摘したんですが・・「でも、好きですから」の一点張り・・・(・∀・;)

更に抱き締められてしまい・・・友達の前だったんだが;;;


でもその時、ドキドキと一緒に落ち着くのも感じたんですね。


俺が好きなタイプって、“憧れる人”と“一緒にいて安心する人”の2種類があって、今まで好きになった人は必ずどちらかに分類されてたのですね。
まぁ正確に言えば、憧れる人の前で自分を良く見せようとキャラ作っちゃうんですが、それに疲れて付き合っても長続きしないのです。
だから憧れはあくまで憧れで、一緒にいて楽な人とよくいるようにしてて。


だけどその後輩はどちらも満たすのですよね。
そんな人は初めてでした。


しかも、漂う匂い。
ずっと忘れられない、あの匂いによく似ていて。
それに気付くと、彼の雰囲気とかが初彼によく似ていることに気付いて。
初彼=自分のタイプの基準だけど、もう今は存在しない空想上の人物と化しているんですね(現在、本人はエロゲ大好き人間ですwww)
それに初彼にだって、好きになれないとこももちろんあって。


けれど後輩は、そんな存在しない初彼のいいとこ取りで・・・この人と過ごせたら幸せだなーと正直思いました。



まぁカラオケまでいた人なら分かるけど、余程迷った挙げ句の結論ですよ。
選択なんてしたくなくて、現実逃避のために八王子駅から逃げ出したり(捕まったけど)、カラオケから逃げ出そうとしたり(無理だったけど)、叫んだり喚いたりまぁ色々しました←

カラオケから奴にも電話したけど出なかったしね。
書いてなかったけど、考え方の違いでケンカが絶えなくなっていたのですよ。
謝ったって解決しないぐらないに。



それでもやっぱ選択なんてしたくなくて、冗談だったって言って欲しくて軽いノリで説得したんですが・・・後輩は真っ直ぐな目で見てきて。
・・・嘘は吐けませんでした。茶化すことも。
というか、後輩であまりにも歳が下過ぎるから視野に入れなかっただけで、目の前にいるのは理想通りの人なんです。
・・・断れる訳がないだろ・・・?(泣)


年下は辛いけどぉおおぉぉおおお(つД`)
かわいいのはいいんだ。うん。でもよりによって何で年下・・・しかも1つ下なら高卒だからまだしも・・・現役男子高校生捕まえてどうするよ俺本当←



夜中歩いてたら補導されるし
お母さん権限強いし
なんでまた年上じゃなくて後輩なのさ・・・ははは、卒業したことに慣れ過ぎて、高校生が不自由だってことをその時はすっかり忘れてたけど・・・(最悪


つー訳で、結局その場では『付き合いたいとは思うけど彼氏いるし待って』的な返事をしました。
てか、彼氏いるの知ってたんだってさ・・・だけど、振られても伝えたかったんだってさ・・・かわゆす…(つД`)



で、翌日の昼間に奴に電話して理由を言ったんですが、お互い泣きました。本当。
色々話した後、「女のことなんて・・・女のことなんて分からねぇんだよ・・・」って言われた時は、必死さが伝わってきてこっちまで悲しくなった。言ってることは本当だって分かってるから。
嫌いじゃないんだよ。一緒にいて安心するし。
だけど、あいつのあまりの向上心の無さに将来預けるのが怖いのは本当。見てて苛つくのも。


結局別の日に一緒に会った時は別れに同意してくれたんだけど。

だけど話が一段落すると、「もう付き合ってないんだから、何してもいいんだよな」ってあいつは言って、差し出したのは指輪。
「よりを戻してくれとは言わない、一からやり直そう」と言われた時はさすがに泣いた。

3年も付き合っていて、気持ちを表してくれなかったのも要因の一つだったのは本当。
「俺、茨城に行くんだよ?!」って何度も言ったのに、俺を縛ろうとしなかったことが悲しかったのも本当だった。
だからって、まさか最後の最後にペアで買ってくるとは思ってなかった。マジで。


けれど返事を今すぐくれ、と言われたって言えなかった。
だって嬉しいのは本当だけど、あいつは反省しただけで何かが変わった訳じゃないもん。
嫌いじゃないから、しばらくして会った時に変わっていたらまた付き合いたいとは思っていたけれど。
でも、今また付き合ったって同じことになるのは分かってた。
ペアリングをくれないから別れたいんじゃないんだもん。
問題はもっと深い場所にあることを、結局あいつは分かってなかった。
今すぐ解決することはないのに。


携帯代を俺が払ってるのに、電話に三日に一度さえも出ないことよりも辛いことがあった。
結局それもまた、ドロケイの話に戻る。
あいつは当日の予定が空いていた。だから人数少ないから助けてって言ってたし、前々から人数に入れてた。
だけど前日に聞いたら、「予定はないけど絶対行かない」って言い出して。
知らない人ばかりって訳じゃないのに、それでも他人に会いたくないと言う。
他人?俺の友達が、他人?
もう3年も付き合っていて、俺の友達に紹介も出来ていなかった。だから参加して欲しい気持ちもあった。
それにあいつだって春から大学生だ。大学こそ、知らない人の集まりだ。
そういう場に放り込まれる前に、俺が人物保証している人の集まりに来てくれたっていいじゃないか。彼女が困っている時ぐらい。

だけどあいつは、自分の世界から出ようとしなかった。
その世界に俺を存在させ続ける努力さえもせずに。
人が怖いのは、分かる。
だけど人の世界でしか俺らは生きられないのに、いつまで逃げ続けるのか。
少なくても、俺はもう逃げない。
だけどあいつは克服する努力もしないでそこにいる。

前にも書いたけど、俺は軽い気持ちでドタキャンする人が大嫌いだ。
そんな人が、彼氏だったら?
なんで友達に怒ることを彼氏には怒らないで済むのだろうか。
ともかくもう、限界だったんだ。たとえ好きでも。好きだけど。




で、翌日に後輩と二人で会った。
後輩とも色々話して、譲る気持ちはないとも言われて。
完全に板挟みだった。
けれど俺は結局後輩を選んだ。
やっぱ、初めて出会った夢のような人を逃がせないんだ。
予備校の彼と違って、俺しか見てないのもよく分かったし。未だに信じられないけど。



でもあいつから来たメールがものすごく病んでいて…親と今上手くいかないからって、『親死ね』って何回も書いてあったり…そんなあいつに今の気持ちをどう言えばいいか分からなくて、結局メール無視してしまってる。
うん、そんな現状だわ。
落ち着いたら預かってる指輪と一緒に手紙を送ろうと思ってるけど。



後輩とは上手くやってます。ドロケイやスケート来た人なら分かるけど(笑)
もう一週間ぐらいしかいないからって、遅くまで一緒にいて彼は怒られてるみたいだけど。
実に申し訳なくなる。


からっぽな自分を満たしてくれたのが朝香なんだ、と彼はよく言う。
こんな俺が、そんな責任重大な立場になっていいか不安になる。
けれど、出来る限りそばにいたいとは思ってる。うん。
人が怖いと言う彼と、一緒に変わりたいとも思う。
だから、今の彼を知ってる人は長い目で見てやってください。


うん、まだまだ始まったばかりだけど頑張る。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Mount Archives
Profile
HN:
瀬戸真朝
性別:
女性
QR Code
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]