忍者ブログ
[4631]  [4630]  [897]  [896]  [895]  [4629]  [894]  [893]  [892]  [891]  [4628
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


という訳で、タイムラグがありますが部誌が読めない方向けにうpしたものを。
【切られた羽】 http://texpo.jp/texpo/disp/24082
ちょっとした短編です。暗いけど←

部誌公開版と比べて2ヶ所日本語修正入ってますが、ストーリーに関わる部分ではないので一度読んだ方は読まなくて大丈夫です。
でも初稿と比べて1ページ分増えているので、初稿を読んだことがある一部の人はもう一回読んで欲しいかも。
なお、創苑一号はそろそろ品薄なんで欲しい方は今のうちにー!


てかさ、某先輩の陰謀で児文研の部室に創苑が置いてあるのはどうかと思うwww
確かに自分的テーマは“ハジメマシテのご挨拶”だったが、あくまでそれは文芸部の方々にでして!(汗
読んでもらえる予定がない人にまで読まれてるのはどうかと思うよ!!瀬戸のPNバレバレだしwww


あと、今回の作品がもし気に入って貰えたら以下の作品も多分気に入って貰えると思う。
【──in the blue.】http://texpo.jp/texpo/disp/24045

もし瀬戸真朝自身に興味持って貰えたら、以下のサイトで過去作品が読めます。
http://48.xmbs.jp/katsuo/
何気に過去作品をちょっと更新していたりする。連載は現状では諦めてるけど!←





そんで、創苑には後書きスペースが存在しないので、以下この場を借りて後書き。
ちょっとでも今回の作品を読む気がある方は、ネタバレになるので閲覧注意。
長いよ!




















【後書きという名のネタバレ。】

設定はまたもや新宿をイメージしてみました。
最後のシーンは、大ガードを抜けて歌舞伎町の入り口があるあの辺とか。結構脳内では情景が出来上がってた。

そんで、例えば渋谷のスクランブル交差点を歩く人たちはみんな普通の人生を歩んでるように見えるけど、一人一人スポットライトを当てると実はこんな話もあったりするんだよ、みたいな。
だから最後のシーンとかは、フェードアウトしていく感じ。
一人の人生を切り取って見せた的な。そういうイメージで書いてみた。

ていうか、登場人物の不幸の責任は全部俺が負うけれど、この話で何か伝わればそれでいいかな、的に。
救いがないってよく言われるけど、個人的には希望に満ちてます。
だって、彼女も明日からはまた元の生活に戻るのだし、これを読んだ人の考え方に1mmでも影響を与えれられたら、この話が存在することに意味はあるのだし。

最近の個人的な傾向として、幸せなだけの話が書けないようになりました。
なんだか、綺麗事を並べた作品って軽いなぁ、と。
それよりも読んだ人に何か伝えられた方がいいんじゃないか、って。


というか元はといえば、たった一人の人のために書いた話でした。
……前々から言ってますが、瀬戸は事実を元にした作品しか書けませんからNE☆
実話を元にしている、と言うとかなり驚かれましたが
ほんの小さな種に妄想や空想や妄想(←)を加えるとこんなことになります^^

てかね、個人的には『──in the blue.』と同じ雰囲気を目指して書いた。
だからこれ気に入る人にはそっちも気に入ってもらえるんじゃないかと思って押したんだけどさ。

そんで、『──in the blue.』を読んだ人から「こんな思いを真朝にさせたくない」と言われたのね。だけど結局そうなっちゃったんだよ、的な。
口では上手く説明できないから物語にしてみた。瀬戸の創作意欲はそういう時に沸くのです。
これの初稿を読み終えてもらうために、いつかのサークル室で電話を待っていたのでした。
分かる人にだけ分かる話だけど(笑)


赤〆時に指摘されたので初稿と比べてエピソードが一つ増えてるのですが、その部分は明らかに島本理生さんの影響です。
島本さんを好きな方には失礼でしたが、オマージュとして受け取ってもらえれば。
あと相変わらず、角田光代さんの『幸福な遊戯』には影響受けてます。
どちらの方も自分にとってバイブルが故です。好きな方本当にごめんなさい。

タイトルについては作中で一切触れてませんが、インコとかを室内飼いする時にする羽切りから。
飛びたいのに羽が切られているせいで、家という籠から出れない鳥というイメージで。
彼女の羽を切ったのは誰なんでしょうね。多分思い出か、彼女自身か。
家族というものを知らないくせに、そのしがらみさえも捨てられないのです。


あと、キャラに関しては殆ど設定決めてませんが。
ミーは大人っぽい爽やかで甘え上手なかわいらしい美少年をイメージしてました。
瀬戸の作品にしては珍しく美形です。そんな年下に甘えられたら拾ってきちゃうだろ?!←
まぁ、拾いたくなるような男の子をイメージしたのは間違いなく。
そしてきみペに影響受けてるのはもちろんな話で。
どっかに箱に入ったモモ落ちてないかなー??←

女の子に関してはノーコメで。別に瀬戸は中学生は拾わないよ!←


あと最後のシーンはスピッツの『ガーベラ』の歌詞解釈が最近やっと出来て、それを取り入れてみた。
“白い闇”部分以外は整合性全くないですが、この頃ガーベラの歌が頭から離れなかったので。
元々好きだったけど、やっと自分の中で意味が解釈出来てきた喜びでつい。
ガーベラってきれいだけど、花束ではいつも一輪だけだもんね。

それにしても、瀬戸は相変わらず描写が下手ですね。
他の人の作品を読んでつくづく思いますが、瀬戸の作品は直接的な表現ばかりで情緒性が全くない。
大学ではページ数にそんな気を遣わなくていいので、次の作品からはもっと無駄な文を入れたいなぁ。





そんで、次回の〆切が2週間切ってる訳ですが
原 稿 真 っ 白 だ Z E ☆ ←

一応プロットは考えているのですよ。
瀬戸のもう一つの部分も知ってもらえたことだし、次は明るい話を書こうかと。
予定では多分ラブコメ。うん、ラブコメ。
……コメ部分がなくなる可能性大だけど!
多分恋愛。やっぱり恋愛。
しかもついに大学の話ですよ!!←

予定では、天体観測をするサークルの1年と3年生の話。
すごく引っ込み思案な女の子が先輩に一目惚れして、サークル内のカラオケをきっかけに近付いて更にお酒d…うわ何をするやめr(ry
一体何人分のストーリー詰め込む気だ俺?^^←
いや、そうやっていつもフィクション作ってるんだが。
物語の中でぐらい、幸せにしてくれよ!(さっきと言ってること違うwww


まぁ多分怒られるから別案考え中。ネタなかったらそれ書くけどね!ストーリーだいぶ浮かんでるし!
温めてる話は長編ばっかなんだよ!短編でも三連続新宿が舞台なのは嫌だし!
暗い話はいくらでも書けるんだけどなー
誰かネタくれよ!!

いっそ、教養の人のこと書こうかなー
この前サークル中に偶然会って、弓道の袴姿がかっこよかったんだが!!
設定的にめっちゃおいしいですよね、分かります。
あー、どっかにネタ落ちてないかなー





という訳で。
拙い作品を読んで頂きありがとうございました。
これからも瀬戸真朝をよろしくお願いします。
感想はいつでも歓迎ですよ!厳しい意見お待ちしてます。
……けれど合評は怖いよー!!今まで紙上でしか意見もらったことないからどきどき。

華麗にスルー推奨




英語とドイツ語初めてサボった


なんでこんなブルーかは身に覚えあるんだけどね
疲れちゃった、かな。






いくら欲しがっても手に入らないなら
最初からない方がマシだ










3限からは出なきゃいけないから出ます。
頑張らないと。







昨日またものすごくイライラしてた
ダメだなぁ

その場にいらないのは、今更始まったことじゃないのに
けれど、『瀬戸がいるから』が理由になるんだろ?
俺がいない方がいいくせに




ダメだなぁ。



なんかね、吐いちゃいけないんだって
上手く隠すべきなんだって
俺、オフでは上手くやってるつもりだけど?
そこまで完璧にならなきゃいけないのかな
欠陥があってはいけないのかな
“大人”って、そういうものなのかな


だったら、大人になんかなりたくないや







みんなとおんなじなんだって
いい加減分からなきゃ
僕は“特別”にはなれない。
みんなに同じ優しさなんだ。







それでもさ、
『僕たちは希望のくずだから』って
“ゴミ”ってことなのかな
それとも、“かけら”ってことなのかな


高校時代からずっと考えてるけど
僕は希望のかけらだと信じたい。






起きよう、と。
行かなきゃ
叱ってくれるあの背中はもう見えないけど




たまには辛くなるんだよ
例えば、起きたくない朝とか
会いたくない日とか



けれどオフの俺は上手く演れてると思うから、気にしないでください。
ただ、一部が知っていてくれれば十分なのです。

だけど見たくないなら見ないでください。
ただ笑ってるだけで済む人間関係しかいらないのなら、単なる俺の片思いです。
それが分かれば公開範囲から外しますし。そういう人には俺の笑える部分だけ見てもらえればいいや。



俺には残念なことに友達しかいないから
褒められたり心配させることも友達に求めてしまっていて、
きっと面倒くさい奴だと思います。


うん、そんな奴だから
色々と申し訳ない。


もっとちゃんと一人で生きられるようになればいいんだけどね。
甘ったれだなぁ





とりあえず、
今月は全く心配しなくていい月になりました。
ウケるよね。高1ぶりじゃね?
てかね、中2からこんな調子なのがどうしようもない。
やっと共依存から離れられた結果だよね。



うん、今は友達しかいなくて心配かけっぱなしだけど
学校ではいつも通りだよ!
頑張ろ!!


明るさだけが取り柄だもんね!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
MAIL
URL
コメント
KEY   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Search
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Mount Archives
Profile
HN:
瀬戸真朝
性別:
女性
QR Code
material by:=ポカポカ色=
忍者ブログ [PR]